結婚式場なら > エリア検索結果 > エリア Trend & News > 神戸北野の異人館街のシンボル! 多くの新郎新婦を送り出してきた「神戸北野教会」の模擬挙式に参加してきました【編集部レポート】

編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2018.4.05

神戸北野の異人館街のシンボル! 多くの新郎新婦を送り出してきた「神戸北野教会」の模擬挙式に参加してきました【編集部レポート】

異国情緒あふれる神戸異人館街で長く愛されてきた「神戸北野教会」。今回、この教会で執り行われた模擬挙式に編集部が参加してきました。

神戸北野の異人館街のシンボル! 多くの新郎新婦を送り出してきた「神戸北野教会」の模擬挙式に参加してきました【編集部レポート】

150年前の神戸港開港後、多くの貿易商や各国の領事が居を構えた北野。六甲山の麓にあるこの街から、美しい港町を一望できます。緑に囲まれ、明治時代から立ち並ぶ異人館を楽しめる非日常な雰囲気が人気で、今では多くのカップルが訪れるようになりました。
神戸北野教会は、そんな北野にある唯一の独立型教会。青空に映える白い壁や瓦屋根が、スペインやイタリアなど地中海の空気感を彷彿とさせます。アーチをくぐりグリーンに囲まれたパティオを通り建物内へ。スタッフの方にゆったりと過ごせそうなロビーに案内して頂きました。品のあるインテリアでまとめられたスペースで待っていると、挙式への期待感がふくらみます。

■パイプオルガンとバイオリンの音色が響く中で挙式を体感

02_R-2.jpg

礼拝堂に足を踏み入れると、パイプオルガンとバイオリンの音色で迎えられました。柱のない交差ヴォールトによって支えられた天井に聖歌隊の讃美歌が響き、挙式への期待が高まります。清らかな白い壁に、会場を上品に照らすシャンデリアが美しく、ベンチや祭壇に使用された木から、ぬくもりを感じる教会にうっとり。夢中で写真を撮っていると模擬挙式が始まりました。

2018-03-20_105520_R.jpg

まずは外国人牧師が入場。祭壇についた牧師が挨拶をした後、新郎新婦が入場します。
青を基調にしたステンドグラスから、やわらかな日の光が降り注ぎ、ふたりを優しく包み込みます。12mある深紅のバージンロードを歩む、純白のウエディングドレスをまとった花嫁の姿に目が釘付けに。ロングトレーンのドレスも美しく映えていました。

讃美歌を斉唱すると、高い天井に響く音色に心が落ち着くよう。その後、聖書の朗読や祈祷、結婚の誓約を執り行います。愛についての聖書の朗読を聞いていると、厳かな気持ちに。指輪の交換を行ったあとは、いよいよ誓いのキス。花嫁が少しかがむと新郎がベールアップを行います。祭壇の前での誓いのキスに、ゲストからの祝福の拍手で包まれるふたり。続いて牧師が高らかに結婚宣言を行うと、結婚証明書への署名、閉会の言葉と、実際の挙式と同じプログラムを体験できました。外国人の牧師の方が執り行う本格的な式は、参列者も自然と背筋が伸びる気持ちに!

■フラワーシャワーで退場。ウエディングベルの響きに挙式への気持ちも高まる!

P1130810_R.JPG

いよいよ模擬挙式も大詰め。新郎新婦は祝福のフラワーシャワーの中、退場します。深紅のバージンロードに白い花びらが舞う様子は忘れられないシーンになりそう!
挙式後は教会の鐘の音を打ち鳴らします。長きにわたって神戸の街に響いてきたその音色に、多くの新郎新婦を見送ってきた神戸北野教会の伝統が感じられるようです。

■神戸の街から東北の復興を祈る

04_R-2.jpg

編集部が神戸北野教会を訪れたのは2018年3月11日。7年前、東日本大震災のあった日です。今回の模擬挙式は、被災地の復興や鎮魂の思いも込めて行われました。ここ神戸北野の街も、1995年に阪神・淡路大震災を経験しています。地震が発生してから約20年が経ち、充分復興しているようにも見えますが、異人館街には一部まだ壊れたままの建物も。結婚式や観光で神戸の街を盛り上げていくだけでなく、震災を経験しているからこそできる活動を続けていきたいという、神戸北野教会の方の思いを知ることができた貴重な模擬挙式でした。

■挙式のあとは北野の披露宴会場へ。異人館でアットホームなパーティを
〔北野異人館 旧レイン邸〕

図1-1_R.jpg

提携会場で披露宴を行うと神戸北野教会で挙式が可能です。「北野異人館 旧レイン邸」は非公開異人館を貸切できるから、ふたりの家にゲストを招いたようなアットホームなウエディングがかないます。プライベートガーデンへつながる披露宴会場で開放的なパーティーを楽しんで。高台に建つ白亜の異人館で贅沢フレンチが楽しめるブライダルフェアも人気です。

〔北野異人館 旧クルペ邸 セントジョージジャパン〕

図3_R.jpg

クラシカルな雰囲気を楽しみたいふたりにオススメなのは「北野異人館 旧クルペ邸 セントジョージジャパン」。北野教会のすぐとなりにあるので移動も安心です。今でも当時のアンティーク品が残されているので、会員制社交倶楽部として使われていた当時の雰囲気を味わえます。有名シェフ監修のフレンチが試食できるフェアもあるので、ぜひ一度足を運んでみて。

〔神戸迎賓館 旧西尾邸〕

05(1)_R.jpg

大正時代に流行したセセッション様式の建築「神戸迎賓館 旧西尾邸」では、レトロなウエディングがかないます。3000坪の敷地にはセレモニーで使用できる緑溢れるガーデンや、前撮りを楽しめる名勝庭園が。兵庫県指定重要文化財で特別なおもてなしを楽しんで。

〔ザ・ヒルサイド神戸〕

06(1)_R.jpg

打ちっぱなしのコンクリートがアーバンな雰囲気を醸し出す「ザ・ヒルサイド神戸」は、世界的建築家・安藤忠雄氏のデザイナーズハウス。ハイセンスな邸宅を完全貸切にできる『大人の隠れ家』です。関西フレンチ界を牽引する石井シェフ監修のモダンフレンチで特別なおもてなしがかないます。



ふたりらしい結婚式を「」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る